\ アイスコーヒーで涼やかに。「簡単おいしい」レシピ公開中→詳しくはこちら

おすすめのアイスコーヒーの淹れかた

暑い夏におすすめ「アイスコーヒー」の淹れかた

長かった梅雨も明け、今年も夏がやってきましたが、ここ最近のグダるような暑さで少しダウンしていませんか?

今回は、そんな夏本番の暑さも吹き飛ぶ、これからの時期にぴったりな「アイスコーヒー」の淹れかたをご紹介します。

面倒な冷やし時間/待ち時間、なし。

おうちで簡単に、サッと淹れて、すぐにおいしく飲める方法をお伝えします!

アイスコーヒー
キリッと冴える、刺激的な味わい

夏に飲みたい!「アイスコーヒー」の淹れかた

材料

・粉 20g (浅〜中煎りは、いつもより細かめに)
・お湯 150g
・氷 100gほど

淹れかた

  1. サーバーに氷を入れる。
  2. その上にペーバードリッパーを置き、粉をセット。
  3. 1分半から2分の間に、お湯を注ぎ切る。
  4. 最後まで落としきる。
  5. 氷(分量外)を入れたグラスに注いで完成。

*溶けた氷の水分でちょうどいい濃度になるようにしています。

浅煎りで、爽やかに

アイスコーヒーといえば、深煎りの豆を使用することが多いですが、焙煎が浅めの豆を使うことで、爽やかな酸味の効いた、さっぱりとした仕上がりになります。

この酸味がなんとも、暑い夏にはたまらなくおいしく感じるんです。

氷とマドラー
しっかり冷えて「際立つ爽やかさ」を楽しんで

親しみなれた味わいには

酸味があまり好みではない方には、オーソドックスな深煎り豆がおすすめ。

その場合は、挽きは細かくせず、いつもどおりの挽き加減で淹れたほうが、雑味なく仕上がります。

おすすめは「ブラジル」

どの豆にすればいいのか分からないという方には、ブラジル・エスプレッソレディをおすすめします。

酸味が強すぎずほどよいので、アイスコーヒーの苦味もたのしみつつも、爽やかな気分が味わえます。

また、コーヒーのニガミが苦手な方は、エチオピア・シダモ グジがおすすめ。

コーヒーの概念を覆す、まるでいちごジャムのような、果実感あふれるどこかオシャレな味わいです。

暑い夏におすすめ「アイスコーヒー」の淹れかた
お好きなデザートと共に、コーヒー時間をゆっくりと

夏にスカッと!

いかがでしたか?今回ご紹介した、お手軽おいしい「アイスコーヒー」。

ぜひお試しいただき、これからの暑い日々を乗り越えていただければ嬉しいです。

ただ、思わずガブガブ飲んでしまう一杯です。他にも水分をしっかりとって、くれぐれも熱中症には気をつけてくださいね!

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

MORE TO READ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です